腎不全

腎臓は、血液のろ過を行い、血液中の老廃物や尿毒素を尿に排出する役割をしています(血液ろ過機能)。腎不全は腎臓が何らかの原因でこの機能が十分でなくなった病態です。腎不全は急性腎不全と慢性腎不全に区分されます。

腎不全の原因は?

急性腎不全の場合は急性に腎臓は障害されることによって尿を作ることができなくなり、尿量の低下がみられ、体に尿毒素がたまってしまいます。慢性腎不全の場合は老廃物が尿中に十分に出すことが出来ずに血液中に残ったままになります。

その結果、尿量を多くして少しでも老廃物を体から排出しようという生理的な反応が起こり、尿量の増加、飲み水の増加がみられます。慢性腎不全は高齢の猫で多くみられます。

急性腎不全の原因として、腎臓に毒性のある薬物の摂取、腎臓の動脈の血栓などによる腎臓の虚血、尿道の閉塞による排尿障害等が挙げられます。

慢性腎不全は急性腎不全の原因を含め泌尿器疾患に長期間さらされることによって引き起こされます。

急性腎不全の症状は?

急性腎不全の症状は、オシッコの量が少ない、吐き気、下痢、脱水症状などがみられます。

慢性腎不全では、食欲不振、飲み水が多い、オシッコの量が多い、吐き気、下痢、貧血、血圧が高い、痩せているなどの症状が現れ、病態が進行するとオシッコの量低下もしくは尿が出なくなり、命を落とす危険性があります。

急性腎不全の治療方法は輸液や利尿剤等の投薬で、早期の治療であれば回復する可能性があります。

しかし、慢性腎不全の場合、治療を行っても完治の可能性は見込めません。よって、治療としては症状の緩和を図るために、活性炭製材(尿毒素を吸着する)の投薬~輸液、食餌療法等の対症療法を行います。

慢性腎不全を予防するためにも、若いうちからの正しい食事管理、定期的な血液検朝などの定期検診をおすすめします。

腎不全01

関連の記事

  • 尿道閉塞 尿道閉塞とは、尿道がつまり尿が排泄できない状態のことをいいます。 発見が遅れると尿毒症を起こし、吐き気、元気消失、けいれん、昏睡など […]
  • 膀胱炎 膀胱炎は文字通りの尿を貯める膀胱の炎症です。 膀胱炎の原因は? 原因は尿道口(上行性感染)もしくは腎臓(下行性感染)からの細菌感染、尿 […]
  • 尿石症 尿石症(尿路結石)とは、尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石という固形物が形成される病気です。 結石の大きさは様々ですが、 […]
  • 停留睾丸(停留精巣)停留睾丸(停留精巣) 雄の胎仔の発育過程で睾丸(精巣)は胎仔の腹腔内にあるのですが、それは鼠径管(ソケイカン)と呼ばれる腹壁の開口部を通り抜けて陰嚢の中に降りて […]
  • レプトスピラ病レプトスピラ病 レプトスピラ病とは犬や人を始め多くの動物がかかる怖い細菌感染症です。 レプトスピラにはたくさんの種類があり、それぞれかかる動物は決ま […]
  • 馬尾症候群馬尾症候群 脊椎(背骨)は部位によって頸椎(首の部分)・胸椎(胸の部分)・腰椎(腰の部分)・仙椎(おしりの部分)と呼ばれ、その中を走る脳から抹消の神経 […]
公開日:2014/10/22
更新日:
治療は光が丘動物病院グループへ
日本で数少ない「1.5次診療」をおこなっている当グループは、
大学病院に匹敵する獣医療の提供飼い主様に徹底したインフォームド・コンセントしています。
大切な家族でお困りの際には、お気軽に相談ください。

PAGE TOP